【図解】トップリーダーや富豪たちが口にする成功の条件とは? | 図解ブースター

【図解】トップリーダーや富豪たちが口にする成功の条件とは?

supported-child

こんにちは、物心両面で豊かになるピンフです。

トップリーダーや富豪たちが口にする成功する条件は以下です。

「大切なのは、人から応援されるような人柄だ」

人から応援されるような人柄」を磨くことです。これからの時代は個人がメインとなり、個人次第で成功の可能性がより変化すると考えられるためです。まずは、時代の変化をみてみましょう。

働き方の変化

lifetime-employment-and-two-jobs

これまで、朝は通勤して決められた時間までに出社し、決められた時間まで仕事をすることが一般的でした。このフルタイムで終身雇用の正社員が崩れていく流れが予想されます。

代わりに、時間と空間に縛られない働き方が出てくるでしょう。自宅からリモート会議に参加し、意思決定を下すことができる時代になりました。空いた時間に配達業をすることもできるでしょう。仕事に応じて、一日のうち、働く時間を自由に選択できるようになる時代がきています。

「自由に選択できる」は「自由に選択される」ことも意味していますので、選ばれることが重要になります。

個人に対する格付け

value-of-baseball-players

レストランに格付けがあるように、個人にも格付けがされます。例えば、実力主義の厳しい野球の世界では、成績が悪ければ、評価は下がり、価値は小さくなり、報酬が減ります。その一方、成績が良ければ、けた違いの報酬になることもあります。

会社員の場合は「会社」という強力な武器があります。

会社と個人の格付け

value-in-business-to-business

会社員として、取引する場合、相手は個人の価値ではなく、会社に価値があるから取引しています。個人の格付けが星1個と低かったとしても、会社が星3個の優良であれば、成立します。例えば、相手にとって必要な商品であれば購入されます。個人のことを見なくても、その「会社」の商品が得られるためです。日常の生活では、銀行の融資やローンの場合、個人がどの会社や組織に属しているのかを見られることがあります。公務員や上場企業のサラリーマンの属性は良いと聞いたことがあります。

ところが、会社員でない場合、個人の価値が見られます

Self-employed-vs-business

個人の価値が低いと見られたら、相手からは見向きもされなくなります。もしくは、低い立場で交渉をせざるを得なくなり、不利な条件を飲まされるかもしれません。例えば、銀行で融資が受けられなかったり、ローンが組めなかったりします。たとえ、受けられたとしても金利が相場と比べて高いことがあります。

ビジネスパーソンとして個人の価値を上げるスキルを次に示します。

ビジネスで必要な3つのスキル(人間関係)

being-supported-by-everyone-in-company
  • 上司 :目をかけられ引っ張ってもらえるスキル
  • 同世代:同世代から協力してもらえるスキル
  • 後輩 :慕われ持ち上げられるスキル

どれも人から応援される人柄を磨くことです。多くの人から応援され、応援される人柄レベルを増やすことできたらどんなことが起きるでしょうか。良いことが起こりそうでたまりません。

being-supported-by-everyone-in-society

さらに、会社だけではなく、趣味の野球、ゴルフ、音楽仲間からも応援されるような人柄になることができたら、どんなことが起こりそうでしょうか。

level-of-being-supported

「人柄の良いそんなあなたと!」と人からプロジェクトのお誘いを受けやすくなりそうです。

感じの悪い人と一緒に物事を進めるより、誠実で思いやりのある人とする方が、断然楽しいですし、心も豊かになります。

そして、応援される人柄の方が、ピンチの時に助けてくれる味方が多いはずです。

ピンフ
ピンフ

ピンチの時に助けてくれる人はほんと大切です

まとめ

成功する条件は「人から応援されるような人柄」であることです。

ビジネスパーソンには3つのスキルを磨くことです。

  • 目をかけられ引っ張ってもらえるスキル
  • 同世代から協力してもらえるスキル
  • 慕われ持ち上げられるスキル

 

<参考文献>
本田健『PRESIDENT』「本田健の成功と幸せの法則」 プレジデント社, 2018.2.12号, 92-93 (2018)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA