【図解】「周囲から応援される人」になるためにたったひとつのこと | 図解ブースター

【図解】「周囲から応援される人」になるためにたったひとつのこと

Happy Father's Day

こんにちは、物心両面で豊かになるピンフです。

周囲から応援される人になるためには何が必要でしょうか?

それは、あなたも人を全力で応援することです。

人づてにやってくる

via the person

先の見えない時代を生き抜くために、いい人間関係を築くことが大切です。いい人間関係からは本当に良いチャンスや情報、お金は信頼のある人づてにやってくるものです。(希薄な人間関係からくる見せかけのチャンスや情報には要注意です。)

どれだけの人に応援してもらえるかによって、ピンチの時に差がでます。人間関係が生み出すエネルギーは大きいです。

when you need money

もし、ビジネスチャンスがあり、1億円が必要な場合、コツコツ貯めるには時間がかかってしまいチャンスを逃してしまいます。

supporter offer money

たとえ、今1億円がなかったとしても、「あなたなら、1億円を貸してもいい」という人間性を持っていたら、1億円を手にすることができます。開業資金に悩む出光興産の創業者、出光佐三さんに対して、資産家の日田重太郎さんは人柄を見込んで、1億円を差し出したといわれています。

ユダヤ人大富豪に教えられた成功するための条件

3 supporters

本田健さんがあるユダヤ人大富豪から教えられたのは以下のことでした。

「きみを応援してくれる人を、生涯に3人つくりなさい。それができれば必ず成功する」

心から応援してくれる味方が3人いると心強いです。

adversity

先の見えない時代でリストラされるかもしれません。失敗することも、挫折することもあるかもしれません。

supporters in adversity

逆境の時に、応援してくれる3人がもつネットワークからのチャンスや情報で、乗り越えることができる可能性があります。チャンスや情報だけでなく、心の支えとなるような応援も精神的に助けられます。人間関係こそが無形の財産です。

どうしたら人に応援される人間になれるのか?

supporting from myself

それは、あなたも人を全力で応援することです。自分の時間や労力を惜しまずに自分から「先に」差し出すことです。

出光佐三さんは「人間尊重」を自身の経営哲学とし、社員を大切にしていました。先に、強い信念があったから、社員たちからも信頼は厚く、一致団結して困難を乗り越えたといわれています。

人を応援すれば、結果として応援されます。

応援するとは?

応援するとは、相手に対して以下のことをすることです。

  • 成功を心から願い、協力すること
  • 役に立ちそうな情報や人脈をシェアすること
  • 求めるものを提供すること
  • 喜ぶことを与えること
thinking about what makes the person happy

相手の喜ぶことは何かを意識しておくことで、偶然、見つかることもあります。

例えば、美味しいチョコレートを見つけた時に、「あの人はチョコレートが好きって言ってたな、よし、お土産にしよう」と購入します。

相手に渡したときに喜んでもらえたら嬉しいものです。もし、予想が外れていたとしても、「そうか、チョコレート好きでも、ビターチョコ派だったんだな」と気づくかもしれません。

次は相手のより好みのチョコレートを渡すことができ、喜んでもらえるはずです。

keeping giving

繰り返し「与える」ことを続けることで人間力を磨き、味方を増やしていきます。

まとめ

周囲から応援される人になるためには、人を全力で応援することです。

  • 成功を心から願い、協力すること
  • 役に立ちそうな情報や人脈をシェアすること
  • 求めるものを提供すること
  • 喜ぶことを与えること

繰り返し「与える」ことを続けることで人間力を磨き、味方を増やしていきます。

 

<参考文献>
本田健『PRESIDENT』「本田健の成功と幸せの法則」 プレジデント社, 2018.5.14号, 88-89 (2018)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA