【図解】香料について メリット1 強化 (初心者向け)

【図解】香料について メリット1 強化 ~より香りを強く~

香料の目的 メリット

香料の基本的な目的として以下4つがあり、商品の価値を高めます。

  • 強化
  • 補填
  • 追加・付加
  • マスキング

 

香りをより強くするために、もしくは、

新たに香りを加えるためによく使用されます。

 

 強化 ~より香りを強く~

すでにある素材の香りを香料を加えることで、

強化され、より本物らしくなったり、

本物以上のようになったりします。

特に食品でよく使われており、

以下のような例があります。

 

チョコレート

チョコレート菓子 + チョコレートフレーバー

→ よりチョコレート感がアップ↑↑↑

チョコレートの香りが広がるチョコレートの出来上がりです。

チョコレートフォンデュにするとより香りが広がります。

 

(フレーバーはほんの少し加えるだけで、その効果は絶大です!どのくらい加えるかについて知りたい場合は以下の記事をどうぞ)

【図解】香料について 加える割合 賦香率(初心者向け)

 

バニラアイス

バニラアイス + バニラフレーバー

→ よりバニラ感がアップ↑↑↑

 

バニラの香り豊かなアイスが出来上がります。

 

バターパン

バターパン + バターフレーバー

→ よりバター感がアップ↑↑↑

 

バターの香りが広がり、

食欲がよりいっそう膨らみます。

 

香料を加えることで

香りを強化するだけでなく、

コストの面でもメリットがあります。

 

例えば、パンにバターを使用したいですが、

バターの価格が高くなることがよくあります。

そこで、バターフレーバーを使用することで、

バターの使用量を少なくしつつ、

バター感を出すことができます。

 

コストを減らしつつ、望みのバター感を

アップさせることができるのは

フレーバーを使用するメリットと言えます。

(バターフレーバーは何からできるのでしょうか? また別の機会に解説します)

 

これらのように、本来の香りに、

香料を加え、香りを強化することで、

商品の価値を高めます。

 

次は、「補填」について解説します。

【図解】香料について メリット2 補填 (初心者向け)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA