【図解】香料について メリット2 補填 (初心者向け)

【図解】香料について メリット2 補填 ~失われた香りを補う~

「メリット 強化」の続きになります。

【図解】香料について メリット1 強化 (初心者向け)

香料の目的 メリット

  • 強化
  • 補填
  • 追加・付加
  • マスキング

 

今回は補填について解説します。

 

 補填 ~失われた香りを補う~

 

商品を作る流れの中で、

香りが失われたり、

弱まったりすることがあります。

 

そこで、香料を追加することで、

元の香りの状態に戻したり、

元の状態以上に香りを豊かにさせたりする

ことができます。

 

「強化」と似ていますが、

失われた香りを戻すという意味で、

「補填」としました。

 

濃縮還元ジュース  濃縮するときに香りを失う

例として、濃縮還元ジュースにフレーバーが

使われることがあります。

 

オレンジジュースにオレンジフレーバーを

加えることで、よりオレンジの香りがする

オレンジジュースになります。

オレンジジュース + オレンジフレーバー

→よりオレンジ感がアップ↑↑↑

 

この説明だけですと、

「強化」と同じように見えるかもしれません。

ここで、濃縮還元ジュースが

作られるまでの流れ知ることによって、

「補填」の意味を知ることができます。

 

ジュースができるまでの簡単な流れを

以下に示します。

 

  1. 外国でオレンジを絞ります(搾汁) → ジュース
  2. ジュースの水分をとばします(濃縮)→ 濃縮ジュース
  3. 船や飛行機で運びます(輸送)
  4. 日本で濃縮ジュースに水を加えます(還元)→ ジュース

 

この4番目の濃縮ジュースに

水を加えるときに、フレーバーも加えます。

 

なぜかと言いますと、

2番目の濃縮ジュースを作る時に、

水分をとばして濃縮するのですが、

水分と共に香りも飛んでしまうためです。

 

そこで、飛んでしまった香りを

輸送後にフレーバーを加えることによって、

香りを補填していることになります。

 

なぜ水分を飛ばして濃縮ジュースにするのでしょうか?以下の記事を参考にどうぞ。

【図解】濃縮還元ジュース 濃縮する理由 (初心者向け)

 

このように、本来の香りが失われたり、

弱まったりした時に、香料を加え、

香りを補填することで、

商品の価値を高めます。

 

次は、「追加・付加」について解説します。

【図解】香料について メリット3 追加・付加 (初心者向け)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA