【図解】濃縮還元ジュース 濃縮する理由 (初心者向け)

【図解】濃縮還元ジュース 濃縮する理由 ストレート果汁との比較

濃縮還元ジュースにおいて、

濃縮する理由は輸送コストを下げるためです。

 

どのくらいの金額の差があるかを

みていきましょう。

 

100kgを輸送するときの比較

ストレート果汁の場合

100kgのストレート果汁の数量は

(果汁の数量)= 100 [kg]

100kgです。

1kgあたりに1,000円の輸送コストがかかり、

(ストレート果汁の輸送コスト)をxとすると

 

x =(果汁の数量)x(1kgあたりの輸送コスト)

= 100 [kg]  x  1,000 [円/kg]

= 100,000 [円]

 

輸送コストは10万円です。

 

濃縮果汁の場合

果汁100kgの水を飛ばし、5倍に濃縮した場合、

果汁の数量は

(果汁の数量)= 100 [kg] / 5 = 20 [kg]

 

20kgになります。

1kgあたりに1,000円の輸送コストがかかり、

(濃縮果汁の輸送コスト)をyとすると

 

y =(果汁の数量)x(1kgあたりの輸送コスト)

= 20 [kg]  x  1,000 [円/kg]

= 20,000 [円]

 

輸送コストは2万円です。

輸送コストの差は

 

(輸送コストの差)=(ストレート果汁の輸送コスト)-(濃縮果汁の輸送コスト)

= x - y

= 10万円 - 2万円

= 8万円

 

8万円のコストを減らすことができ、

そのまま利益になります。

水をとばすときのコストはかかりますが、

輸送コストを減らすメリットの方が

大きいです。

 

果汁の量を大きくして考えてみましょう。

10トン(10,000kg)を輸送するときの比較

ストレート果汁

(果汁の数量)=10,000 [kg]

1kgあたりに1,000円の輸送コストがかかり、

(ストレート果汁の輸送コスト)をXとすると

 

X =(果汁の数量)x(1kgあたりの輸送コスト)

= 10,000 [kg]  x  1,000 [円/kg]

= 10,000,000 [円]

 

輸送コストは1,000万円です。

 

濃縮果汁の場合

果汁10,000kgの水を飛ばし、

5倍に濃縮した場合、果汁の数量は

 

(果汁の数量)= 10,000 [kg] / 5 = 2,000 [kg]

 

2,000kgになります。

1kgあたりに1,000円の輸送コストがかかり、

(濃縮果汁の輸送コスト)をYとすると

 

Y =(果汁の数量)x(1kgあたりの輸送コスト)

= 2,000 [kg]  x  1,000 [円/kg]

= 2,000,000 [円]

 

輸送コストは200万円です。

輸送コストの差は

 

(輸送コストの差)=(ストレート果汁の輸送コスト)-(濃縮果汁の輸送コスト)

= X - Y

= 1,000万円 - 200万円

= 800万円

 

800万円となり、

コストを減らすことができます。

 

数量を大きくした場合、

別の試算する方法として

倍率を用いて計算します。

数量を100kgから10,000kgへ変えたので、

倍率は

 

(倍率)= 10,000 kg / 100 kg = 100

 

100倍となります。

輸送コスト差は8万でしたので、倍率をかけると

 

(10トンの輸送コスト差)= 8万円 x 100

= 800万円

 

と算出することもできます。

 

濃縮する欠点

水を飛ばすときに香りも

飛んでしまうことです。

そこで、戻すときに香料を加えることで

果汁らしくします。

 

香料のメリットについて解説した記事です。

【図解】香料について メリット2 補填 (初心者向け)

 

濃縮還元ジュースの役割

濃縮還元ジュースは

輸送コストを下げることができますので、

ジュースの価格を抑えられます。

 

もし、あたなはジュースが大好きで、

おこづかいが月3,000円のとき、

毎日ジュースを飲みたいあなたは

1本100円と1本500円のジュースがあったら、

どちらを手に、、、

 

より多くの人に、

ジュースを楽しむことができる工夫として

濃縮還元ジュースがあります。

 

まとめ

濃縮還元ジュースの濃縮する理由は

輸送コストを下げるためです。

濃縮するときに香りが飛んでしまうため、

戻すときに香料が役立っています。