【図解】香りの比較 オレンジ・レモン・ライム (初心者向け)

【図解】香りの比較 オレンジ、レモン、ライム 柑橘系 (初心者向け)

柑橘系の成分

柑橘の香りの差を決めるのは、

1~2割の香り成分です。

 

オレンジ、レモン、ライムなどの

柑橘系において、

最も多く含まれる香り成分はリモネンです。

 

リモネンは8~9割を占めており、

残りの1~2割の香り成分が

オレンジらしさや、レモンらしさを決めます。

 

オレンジとレモンには同じリモネンを

多く含んでいますが、

オレンジとレモンは違う香りがします。

 

つまり、残りの1~2割の香り成分の影響が

大きいことがわかります。

 

野球の例

9人の野球チームを例にした場合、

野手がリモネンであり、

ピッチャーがオレンジやレモンらしさを

決める香り成分のようなものです。

  • 野手    =リモネン
  • ピッチャー =残りの香り成分

 

ピッチャーには右投げもいれば、

 

左投げもいます。

 

三振でアウトをとるピッチャーもいれば、

打たせてアウトをとるピッチャーもいます。

 

そのため、ピッチャーによって、

チームカラーがでます。

 

柑橘系の香りも同じように、

残りの1~2割の香り成分で

オレンジらしさ、レモンらしさが決まります。

 

香り成分の違い

参考までにですが、

それぞれの特徴のある香り成分を

以下に示します。

  • オレンジ :デシルアルデヒド、オクチルアルデヒド、リナロール、シトラール、ナリンジン
  • レモン  :シトラール、オクチルアルデヒド、ノニルアルデヒド、リナロール、ゲラニオール
  • ライム  :シトラール、アンスラニル酸メチル、ビサボレン
  • グレープフルーツ:ヌートカトン

 

まとめ

オレンジ、レモン、ライムなどには

リモネンが8~9割含まれ、

残りの1~2割の香り成分が

香りの特徴を決めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA