【図解】香りの正体 香り成分の集まり (初心者向け)

【図解】香りの正体 香り成分の集まり (初心者向け)

香りの正体

香りの正体は、化学物質です。

水、酸素も化学物質です。

香り成分は40万あるといわれています。

 

身近な例として以下があります。

  • エタノール:お酒や消毒液のにおい
  • 酢酸   :酢の物のにおい
  • 塩素   :プールのにおい

香り成分はひとつだけでも香りますが、

いろんな香り成分が集まることで、

特徴的な香りが完成します。

 

香料で使われる香り成分は

有機化合物といわれています。

例:エタノール、酢酸

(有機化学については別の機会に解説します。)

 

オレンジの例を以下に示します。

オレンジの香り

オレンジの香り成分があるのではなく、

香り成分A、B、C……と合わさって、

オレンジの香りになります。

(オレンジ、レモン等の柑橘類の比較は別の機会に解説します。)

 

香りと香り成分の関係を料理と野球の例で

解説します。

 

料理の例

砂糖、塩、酢、しょうゆ、みそ、酒等を

うまく混ぜることと似ています。

砂糖や塩が香り成分にあたります。

 

野球の例

香りはチームで、香り成分が選手です。

いろんな選手が集まって、

チームカラーがでます。

まずは、以下のような選手がいるチームは

そこそこ強そうです。

 

少し、空振りの多い選手が集まると

ユニークなチームになります。

 

もし、ボールキャッチが上手くて

レーザービームを投げる選手が多いと

守備力が高いチームになりますね。

 

ホームランを量産する打者が多くいると

攻撃力が高いチームになりますね。

 

選手ひとりひとりが香り成分です。

チームが選手によって成り立つように

香りも、香り成分によって決まります。

 

香りの場合、9人チームではなく、

数十人~数百人の球団のイメージです。

 

バナナの香りは200種類以上の香り成分

によってできています。

200種類以上ありますが、

香りの成分ごとに入っている量は違います。

バナナらしさを決める香り成分が

いくつかあり、残りはほとんど微量です。

(バナナの代表的な香り成分は別の機会に解説します。)

 

まとめ

香りの正体は化学物質であり、

主に有機化合物です。

香りはいろんな香り成分から

成り立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA