【図解】フレーバーとフレグランスの比較(初心者向け)

【図解】フレーバーとフレグランスの比較

 

フレーバーとフレグランスによって、

用途、対象、作る人の呼び方が違います。

フレーバーフレグランス
用途食品食品以外
対象現実にあるもの空想・幻想のもの
作る人フレーバリストパヒューマー

 

不思議なことに、

同じように香りを作っているのですが、

作る人の呼び方が違うのです。

 

フレーバー

  • 用途:食品
  • 対象:現実にあるもの
  • 作る人:フレーバリスト

 

基本的には現実にあるものを対象とします。

そのため、対象となる香りに

フレーバーを近づけていくことが

香りを作る人(フレーバリスト)の

腕の見せどころのひとつです。

 

オレンジフレーバー

= 香り成分A + 香り成分B + ・・・

 

フレーバリストは、例えば、

オレンジフレーバーを作るときに

どの香り成分を使うかを決めます。

すっきり感、ジューシー感をどう出すかを

考えることもあります。

 

果物や動物の香りだけでなく、

料理の香りもフレーバーで作られます。

 

フレーバーの例

  • オレンジ
  • グレープ
  • イチゴ
  • イカ
  • やきとり
  • バター
  • ピザ
  • カレー
  • 麻婆豆腐

 

以下のように使われることが多いです。

果物フレーバー

→ジュース、ゼリー、健康食品など

 

鯛フレーバー

→練り物

 

料理(ピザや麻婆豆腐)フレーバー

→スナック菓子、カップ麺

 

 

基本的に、フレーバーは

対象と同じ香り成分を使いますが、

例外的に、対象と違う香り成分を使って

実物よりも豊かに表現することがあります。

 

それはイチゴです。

(知りたい場合は以下の記事をどうぞ)

【図解】イチゴの香りはイチゴではない? ~人間が作り出した香り~

 

 

フレグランス

  • 用途:食品以外
  • 対象:空想・幻想のもの
  • 作る人:パヒューマー(調香師)

 

フレグランスの特徴的なことは、

空想・幻想・情景を対象とすることです。

 

「夕暮れ時のタヒチのビーチ」

= 香り成分C + 香り成分D

+ 香り成分E + 香り成分F + ・・・

 

香りを作る人(パヒューマー)は、例えば、

「夕暮れ時のタヒチのビーチ」を表現するには

どの香り成分をどのくらい加えるかを

決めています。

 

パヒューマーのイメージによって

フレグランスは作られるため、

まさに、

香りの芸術家やデザイナーと言えます。

 

ひとつのフレグランスを作るために

香り成分を数百以上を使うことがあります。

 

フレグランスの例

  • ラベンダー
  • ローズ
  • カモミール
  • レモングラス
  • イランイラン
  • せっけん
  • オーシャン
  • 夕暮れ時のタヒチのビーチ
  • 天使
  • ユニコーンが走る草原

 

空想的なものだけでなく、

現実にある香りを対象にすることもあります。

花の香りのするフレグランスを作る場合は、

より花の香りに近づけるように作られます。

 

香りを作ることだけでなく、

香りがどのくらい持ち続けるのかも

重要になることがあります。

以下の記事を参考にどうぞ。

【図解】残香性 香りの持続力 (初心者向け)

 

まとめ

フレーバリストは食品用のフレーバーを作り、

パヒューマーは食品以外の用途として

フレグランスを作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA