【図解】ゆずオイル ~産地・生産量 精油ができるまで~

【図解】ゆずオイル ~産地・生産量 精油ができるまで~

 

こんにちは、ピンフです。

香料業界で約10年ほど続けています。

 

ゆずは海外からも興味を持たれる香りを持ち、

日本の特徴的な柑橘であります。

 

さて、ゆずオイルはどうやって得られるのでしょうか?

 

以下の点を知ることで、

ゆずオイルが得られるまでの流れだけでなく、

ゆずに対する知識がグッと深くなります。

  • 収穫時期
  • 生産量
  • 産地
  • オイルの入手(採油)方法

特に採油方法については、

少し専門的になりますので、

知っているとかなり一目置かれると思います。

 

概要

学名Citrus junos
収穫時期10~12月
生産量約20,000t (2017)
 うち加工向け約15,000t (2017)
産地高知、徳島、愛媛、宮崎、鹿児島
採油部分果皮
採油方法圧搾、溶剤抽出、水蒸気蒸留

 

収穫時期

図1 収穫時期

開花が5~6月に、青ゆずは7~10月になり、

収穫は10~12月です。

冬至にゆず湯に入る風習がありますので、

収穫時期が10~12月というのは

覚えやすいと思います。

 

ゆずオイルを得る方法のひとつに

溶剤抽出があります。

抽出には皮の部分(果皮)を使用しており、

生の状態の果皮(生果皮)を使用した抽出は

11~12月に行われます。

その期間に処理しきれなかった果皮を

冷凍することでいつでも抽出できます。

 

生産量

図2 国内生産量の推移

出典 農林水産省統計

生産量:収穫したもののうち、生食用又は加工用として流通する基準を満たすものの重量

生産量は2003年から2008年にかけて増加し、

その後20,000~25,000 tあたりで

推移しています。

生産量のうち加工向け(加工用)の推移も、

生産量と同じような推移をしています。

また、生産量のうち約70%が

加工用に使用されています。

 

産地

図3 産地と生産量割合(2017年)

出典 農林水産省統計

高知が約50%を占めており、

徳島と愛媛が約12%です。

 

産地の場所とその割合を分かりやすくした図を

以下に示します。

 

図4 主な産地と生産量割合(2017年)

出典 農林水産省統計

産地は主に西日本にあり、

四国と九州南部であることが分かります。

 

採油部分

図5 柑橘の部分名

柑橘の果実を大まかに2つの

果肉部と果皮部に分けられます。

果肉部には果汁やフサや種が含まれます。

果皮部には以下の2つがあります。
・アルベド(皮の内側の白い部分)
・フラベド(皮の外側の黄色い部分)

油胞にオイルがありますので、

フラベド部分からオイルを採油します。

 

収穫された果実から

採油に使われる果皮の流れを見てみましょう。

図6 ゆず果実 用途

ゆずは青果用と加工用に分けられます。

2017年において加工用は75%でしたので、

100kgの果実があれば、

25kgが青果用に、75kgが加工用に使われます。

 

加工用の果皮部からオイルが得られますので、

青果用からはオイルは得られません。

つまり、生産量のうち

75%の加工用からしかオイルは得られません。

 

果実の内訳を見てみましょう。

図7 ゆず果実 構成の割合

ゆずの場合、100kgの果実から、

19kgの果汁が取れます。

ゆずオイルを採油するのに

使われる果皮部はフラベドと油胞です。

(アルベドは取り除きます)

ゆずオイルはゆず果汁の副産物といえます。

 

採油方法

  • 圧搾
  • 溶剤抽出
  • 水蒸気蒸留

ここでは溶剤抽出を解説します。

 

図8 ゆず 溶剤抽出の流れ

  1. 搾汁により、果皮部に分けます。
  2. スライサーによりアルベドを取り除きます。
  3. 果皮を粉砕し、溶剤(ヘキサン)を加え抽出します。
  4. 抽出粕を取り除き、脱ロウします。
  5. 溶剤を除去し、ゆずオイルを得ます。

 

搾汁の様子は以下の動画が参考になります。

キャタピラー式搾汁機による搾汁です。

参考 キャタピラー式柑橘搾汁機フードバレーアグリビジネスセンター

 

溶剤抽出について参考記事はこちらです。

【図解】アブソリュート・コンクリート・オレオレジン・レジノイド比較

 

まとめ

学名Citrus junos
収穫時期10~12月
生産量約20,000t (2017)
 うち加工向け約15,000t (2017)
産地高知、徳島、愛媛、宮崎、鹿児島
採油部分果皮
採油方法圧搾、溶剤抽出、水蒸気蒸留
  • 生産量のうち約70%が加工用に使用されます。
  • ゆずオイルは加工用からしか得られません。
  • ゆずオイルはゆず果汁の副産物です。
  • 果皮部(フラベドと油胞)から抽出します。

 

以下の記事では

ゆずの香り成分について、

より深く知ることができ、

さらに一目置かれます。

【図解】ゆずの香り成分 ~構造式 分子模型~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA