【図解】香料について メリット4 マスキング (初心者向け)

【図解】香料について メリット4 マスキング ~好ましくないにおいを隠す~

「メリット 追加・付加」の続きになります。

【図解】香料について メリット3 追加・付加 (初心者向け)

香料の目的 メリット

  • 強化
  • 補填
  • 追加・付加
  • マスキング

今回はマスキングについて解説します。

マスキング ~好ましくないにおいを隠す~

 

原料そのものに好ましくないにおいがあったり、

加工する途中で、どうしても

発生してしまうにおいがあったりします。

 

その好ましくないにおいに

香料を加えることで、隠すことができます。

 

例えば、トイレの芳香剤があります。

 

芳香剤

トイレの嫌なにおいを

より強い香りを広げることで、

嫌なにおいを感じさせにくくしています。

 

 

嫌なにおいを消しているわけでないですので、

実際は、嫌なにおいも存在しています。

ただ、強い香りの方を感じているため、

嫌なにおいを感じていないだけです。

 

消臭は嫌なにおいをキャッチし、

においが広がるのを防ぎますが、

マスキングはかぶせるイメージです。

基本的には、香りの量が多ければ、
香りは強く感じるのですが、
実は、香りの量が少なくても、
人間が強く感じてしまう香りもあります。

 

薬の好ましくないにおいを隠し、

飲みやすくするために香料を

加えることがあります。

 

薬 + フレーバー

→ 赤ちゃんや幼児にとって飲みやすい薬

 

薬には好ましくないにおいや味が

あることが多いです。

 

薬を飲めば、病気を治ると知っている場合は、

においがきつくても我慢して飲みます。

 

しかし、赤ちゃんや幼児はそうはいきません。

とても素直ですので、においのきつい薬を

口に入れるとすぐに吐き出してしまいます。

 

そこで、フレーバーを加えることで、

好ましくないにおいを和らぐことで、

薬を飲みやすくすることができます。

 

これで、赤ちゃんや幼児も元気になりますね。

 

まとめ

以上、4回に分けて香料の目的・メリットを

4つを解説しました。

  • 強化 ~より香りを強く~
  • 補填 ~失われた香りを補う~
  • 追加・付加 ~新たに香りを加える~
  • マスキング ~好ましくないにおいを隠す~
【図解】香料について メリット1 強化 (初心者向け) 【図解】香料について メリット2 補填 (初心者向け) 【図解】香料について メリット3 追加・付加 (初心者向け)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA