【図解】比較!香料を入れる割合はどのくらい? (初心者向け) | 図解ブースター
アフィリエイト広告を利用しています

【図解】比較!香料を入れる割合はどのくらい? (初心者向け)

drop_02

こんにちは、香料業界で10年以上働いているピンフです。

香料はどのくらい使うのでしょうか?

食品や香粧品によって、香料を加える割合が変わり、おおよそ0.05~40%の範囲で加えられます。

ピンフ
ピンフ

香料業界では賦香率(ふこうりつ)と言います。

賦香(ふこう):香料を加えること
賦香率(ふこうりつ):香料を加える割合

まずは、商品によって加える割合が違うので、見てみましょう。

香料を加える割合の違い

dosage_02_5-40

横軸は香料を加える割合を示しており、右に進めば進むほど、割合が高くなります。

このグラフからは香水とオーデコロンは5%以上であり、他と比べて割合が高いということが分かればOKです。具体的な数値を見ていきましょう。

ピンフ
ピンフ

ほとんどの日用品や食品は香料を加える割合は低いです。

キャンデー 0.05 ~ 0.2%
炭酸飲料0.05 ~ 0.2%
アイスクリーム 0.1 ~ 0.2%
果汁飲料 0.1 ~ 0.2%
洗剤 0.1 ~ 0.2%
チューインガム 0.5 ~ 2.0%
歯みがき 1.0%
せっけん 1.0 ~ 2.0%
オーデコロン5.0 ~ 15.0%
香水15.0 ~ 40.0%

2%以下の商品について、香料を加える割合を詳しくみてみましょう。

dosage_03_0.05-2

一般的な食品や日用品は0.2%程度です。

ピンフ
ピンフ

意外とガムに加える割合は高いです。

加える割合を参考にして、香料が入っている量を実際に計算してみましょう。

ジュースに入っている香料の量は?

果汁飲料では、香料を加える割合は0.1~0.2%と低いです。

dosage_05_0.05-0.2

500mLジュースの場合、香料を加える割合を0.1%として、香料を加える量を(X)としますと、

X  =(ジュースの量)×(香料を加える割合)
  = 500 mL × 0.1%
  = 500 × 0.001(%は100分の1)
  = 0.5 mL

香料を加える量は0.5mLです。

ピンフ
ピンフ

香料はスポイトで数滴を垂らす程で十分なのです。

香水に入っている香料の量は?

香水は香料が主役なだけあって、香料を加える割合は15~40%と高いです。

dosage_04_15-40

例えば、40mLの香水の場合、香料を加える割合を40%として、香料を加える量を(Y)としますと、

Y  =(香水の量)×(香料を加える割合)
  = 40 mL × 40%
  = 40 × 0.4(%は100分の1)
  = 16 mL

香料を加える量は16mL(大さじ約1杯分(15mL))です。

ピンフ
ピンフ

ジュースの時(0.5mL)と比べて、30倍以上の量ですね。

fragrance water ethyl alcohol

まとめ

香料を加える割合は食品や香粧品によって違い、0.05~40%の範囲で加えられます。

dosage_06_0.02-40

香料を加える割合は、ジュースでは低く(0.1~0.2%)、香水では高い(15~40%)です。

 

<参考文献>
渡辺洋三『香料用語説明集』日本香料協会 (2011)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.